2009年05月22日

こびっとでキャッシングの携帯アフィリエイトサイトを作成している方へ

こんばんはクロウです。

今娘(0歳児)が寝付いたので、このブログの記事を書いてます。

現在脇目もふらずキャッシングの携帯サイトを作成していますが、とあるASPからこんなメールを頂いたので、いろいろ考えこんだりしてました。

こびっとでキャッシングのアフィリエイトに挑戦している方にお伝えしておいた方がいいかな?

と思ったのでいっそのことブログの記事にしてしまおう!

と深夜のテンションで綴ってます。


さてさて、発端となったのはクローズドのASP様から、あるキャッシング会社との提携が解除されました、という内容のメールを頂いたからです。

実はそのクローズドASP様から、2週間前に

「○○○(キャッシング会社)様からの要請で、サイト内の修正を早急にして欲しい」

とご連絡がありました。

メールを受信したのが、先方から送信されてから数日が経ってしまってからでしたので、既に『早急』に対応出来ていませんでした。

ご指摘を頂いた該当サイトは10件程度だったのですが、ローカルのデータを調べると同様の記載ミスは20件とか30件とか見つかったので、まとめて修正をしました。

メールを確認してから3時間で修正作業を完了し、ASP様へ修正が完了した旨を送信しました。

その翌日には、ASP様から修正の対応への感謝のお言葉を頂きましたので、

「良かった。間に合ったんだ」

とほっとしたのですが...


それから4、5日後、ASP様頂いたご連絡が

「○○○(キャッシング会社)様との提携が解除されました」

という連絡だったのです。

登録してあるすべてのサイトが提携解除になった訳ではなく、事前に連絡を頂いていた10件のサイトが提携解除になりました。

つまり

「修正の対応が遅かった」

のです。

数日の対応の遅れが直接の原因だと私は思ってます。

しかし、こんな例はしょっちゅうです。

キャッシング会社は金利の表記などに対して非常にナイーヴです。(特にモバイルのサイト)


さて、ここからが本番です。

これからこびっとでキャッシングサイトを作成される方、既に作成している方は、ぜひhidehenさんのマニュアルの通り、出来るだけ広告を掲載するページを少なくしてみてはいかがでしょうか?

むしろメインサイト以外では、広告を掲載しないほうが無難かもしれません。
(ここでいう広告とはキャッシング会社単体の広告です。例:アコムなど)

広告が掲載されていないページ・サイトはSEO的にも良いサイトと見なされることが多いようですから、なおさら掲載をする必要はないように思います。

サイトの管理(ASPやキャッシング会社からの修正依頼)に忙殺されているようでは、生産的な作業が出来なくなってしまいます。

修正・修正・修正に時間を割くよりもその間に1サイト作り上げた方がよっぽど効率的ですから。

キャッシュポイントはメインサイトに持ってくれば良いと思います。

よほどアクセスが集まるならそこをメインサイトと判断して、定期的に手を入れるように気を遣えば良いかと。


長くなりましたが、要約すると


沢山広告を掲載すると修正の依頼があった時に四苦八苦しますよ


と言うことです。

「常にメールには目を通し、どんな修正(対応)も苦になりません」

という方には、この記事は必要ないです。

でも、

「そんなこともあるんだ〜」

程度に覚えておいて頂けると幸いです。
posted by クロウ at 03:20| Comment(0) | こびっと体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。