2017年01月10日

角谷亮:ビジネス心理術体験レポート チャンクサイズについて。

お世話になります。
角谷亮です。

提供サービスのコンテンツ作成に向け、
過去の体験や、学習を記録したメモを見つけました。

今回は、ビジネス心理術に関する
学びからの体験レポートをお届けしますね。

角谷亮 ビジネス心理術体験レポート チャンクサイズについて。



↓当時のメモよりシェアしますね。

普段、チャンクサイズを意識しながら、
他者とのコミュニケーションを取ることがありませんでしたが、
前回の講義の際にチャンクサイズについて学んだ後、
コミュニケーションの中で、チャンクサイズを意識して話をする機会がありました。


自分でもビックリするほどの忙しさが続く中、
「忙しいものは忙しい」と、忙しさの理由について、
家族にほとんど説明らしい説明を出来て居なかった事が、
不安にさせてしまう要因となってしまっていたようなので、
改めて、なぜ忙しいのかについての説明をしました。

その過程・結果からの気づきとは?



その時、会話をしながら、コミュニケーションの相手、
自分にチャンクサイズの違いがあることついて気付かされ、
スモールチャンカーな相手が、なるほどと納得できるよう
チャンクサイズを意識したコミュニケーションをとりました。

結果として、チャンクサイズを小さくして、
より具体的な説明が効果的であるとフィードバックを得たことの体験は、
コミュニケーションの結果から得たいゴールを達成する為の大きなリソースになったと言えます。



 

タグ:角谷 角谷亮
posted by クロウ at 01:11| 角谷亮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする