2017年01月13日

角谷亮 異なる視点でのビジネス研修を体験して。

こんにちは
角谷亮です。

1度体験したビジネス研修でも、異なる視点やフレームで体験すると

新たな気づきや、学びが深まる事を実体験する機会がありましたので、

学びのアプトプット、反復の為にもこちらを共有いたします。


このビジネス研修は、新たな視点、フレームを持った上での参加となりますので、
1回目の参加時とは、異なる視点を意識しての参加に、
講師がお声がけくださった通り、「新鮮な感覚」で参加している自分にワクワクした感情を感じています。

同じワークを体験した事があるのに、ワークの相手が違ったり、
別視点でワークを見ること、体験することで、まったく違った学習に繋がっています。

体験することで学習する。

実際にみてみる、触れて見る、やってみることが学習にとても大切であることを再認識しました。

特に1回目の参加の際は、スキルの習熟の為に、「これから行うワークはどういう手順なのか?」を考えて
大部分の脳の容量を<手順>に向けて体験していましたが、
今回は手順についての学習は脳の容量をあまり使わず、
ワークで得られる効果や、ワークを一緒に体験するお相手の方に意識を向けることが多かった印象があります。

それだけでも、学習について違う角度、目線、意識で向き合え、
一度体験した学びの広がりを感じた印象が高まりました。

 
タグ:角谷亮 角谷
posted by クロウ at 01:01| 角谷亮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする