2017年01月15日

角谷亮によるアウトカム設定について。

こんばんは!
角谷亮です。

今日は、ビジネス研修中に体験した学びの中から、
アウトカム設定についての重要性を再確認した時の事をシェアして参りたいと思います。

このビジネス研修は14日間のしっかりしたものですが、
その14日間の中でも特に意識する学びの部分がこれからお話することですので、お役に立てれば嬉しいですね。


▼角谷亮 ビジネス研修レポ
改めて、アウトカムを設定することの重要性を再確認し、
前回の講義でも学んだ、「アウトカムに近づいているか」
「今、自分が現実にちかづいているか」の確認のため、
観察力を持ち、近づいていない時には自分が柔軟性をもって対応出来るか、非常に重要な考えと感じています。

必要なリソースを追加することも大切で、
その一つに小さなアウトカムの達成を五感ベースで実感することも
成功に非常に有効、リソースとなると感じました。


ワークからは、経験の質をコントロールする、サブモダリティチェンジのワークから、
クリティカルサブモダリティについての学習を体験により強化。

「これが変化すると全体の体験がかわってしまう」

という1つの決定的なサブモダリティとして、距離が変化することで、
音そのものが小さくなり、明るさも暗くなるイメージは、
その後の、スイッシパターンのワークでも逆に
「距離がクリティカルなものではないな」と思った時、別の方法も試せる学びにも繋がりました。


 
ラベル:角谷亮 角谷
posted by クロウ at 22:28| 角谷亮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする